【映画プロメア】グレンラガンとキルラキルと消防士。あと開墾滅殺ビーム。

たけし

俺のドリルは天を創るドリルだああああああ!

・・・作品を間違えた。

プロメアを見てきたので、今回はその感想など。ネタバレはないからこれから見る人も大丈夫。

『プロメア』は「グレンラガン」「キルラキル」といったテンションで乗り切る最高に頭の悪い(最高に褒めてます、グレンラガン大好き)アニメをつくってきた監督:今石洋之と脚本:中島かずきによる初の完全オリジナルアニメ。

加えて、松山ケンイチ×早乙女太一×堺雅人の豪華出演キャストや実力派声優、音楽:澤野弘之、主題歌:Superflyなどなどとにかく豪華。

キャストや内容ともにお祭りみたいな映画。

やっぱり気合と根性でなんとかするアニメって最高ですわ!!!

グレンラガンとキルラキル要素がたくさん

『プロメア』あらすじとかはここから

敵のマッドバーニッシュが炎を纏って戦うところはキルラキル、バーニングレスキューのロボット(正式名称はわからん)や、ネタバレになるから言えないが終盤のとあるシーンは完全にグレンラガンのそれ。

あとは主人公のガロが髪色といい、性格といいグレンラガンのカミナと酷似してる。

アニキの中のアニキ、カミナに似てるとかたまらないな・・・?

ガロはガロでまっすぐでめちゃくちゃいいやつだった。

しかもただネタを使いまわしているだけでなく、それらがちゃんとプロメアのストーリーとマッチしている。

グレンラガンやキルラキル見ていた人からしたらたまらん。

ちょいちょいダサいネーミングセンス

タイトルにもある開墾滅殺ビームとはなんと敵が使う技名である。

「は?開墾?墾田永年私財法かよ」というツッコミが聞こえそうなこの技名だが、食らうとなんでも土になってしまう実はちゃんと恐ろしい技なのだ。

劇中ではビルが砂山と化していた。

こういうちょいちょいダサいネーミングセンスもグレンラガンなどを想起させる。

ロボとかかっこいいのにこのダサさ。

だがそれがいい。

なにも考えずに楽しめる

『グレンラガン』『キルラキル』を見ていなくても最高に楽しめる映画だった。

終始早いテンポとアクションと爆音で2時間があっという間だった。

これぞ映画で見るべき作品。

テレビサイズで見るといまいちテンションに乗り切れなくて面白さが半減しそう。

最高にスカッとするので最近なんだか疲れている人、ぜひ映画館へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください