【書評】初見で絶対騙される「ハサミ男」

f:id:takeshsoudaiseinet:20171015174021j:plain
 殊能将之さんの「ハサミ男」を読みました。

ミステリーを読みたいと思って検索して真っ先に出てきたのがこの作品。

いやー騙された。

ネタバレなしとありでレビューしていきます。

「ハサミ男」あらすじ

舞台は2003年の東京。

女子高生2人が同様の手口で殺害される事件が発生していた。

2件とも被害者の喉にハサミが深く差し込まれていたことから、マスコミは犯人を「ハサミ男」と命名。

ハサミ男は連続猟奇殺人犯として世間の耳目を集めていた。

一方、ハサミ男は3人目の犠牲者を選び出し、入念な調査を行っていた。しかしその調査の中で、自分の手口をそっくり真似て殺害された犠牲者の死体を見つける事となる。

先を越されてしまったハサミ男は、誰が殺害したのか、なぜ殺害したのかを知るため調査を開始する。

「ハサミ男」感想 〜ネタバレなし〜

ミステリーって今どういう描写をしているのかわかりにくいことがあるんですけど、そんなこともなく読みやすくてわかりやすかったです。

ハサミ男と警察の捜査目線で話しが進んでいきます。

だんだんハサミ男が捕まりそうになって・・・ってからの展開が早くていいですね。

何も知らずに読めば間違いなく騙される。

これはトリックの構造上、しょうがないです。

騙されると分かった上で呼んでください。

トリックも最初は「?」ってなるけど何度か前に戻ったりして読んでいくと「なるほどな」ってなる。

「ハサミ男」感想〜ネタバレあり〜

トリックはハサミ男という名称から男性、と思わせての実はハサミ男は女性というもの。

正直途中でハサミ男が女性ということには薄々気づきました。

一人称が「わたし」なのに、「ハサミ男」描写からは「わたし」を使うような人物とは思えなかったんですよね。

でも遺体の第一発見者の女性がハサミ男とは思わなかった。

ほとんど描写がなかったですからね・・・。

トリック自体はシンプルなもののうまく騙されました。

でも、犯人の目的部分がうまく解説されなかったのが残念。

なぜ女子高生の首にハサミを突き立てていくのか?がわからなかった。

ミステリーという分野のロジック部分はかなりできていたけど、なぜ犯人がそんな行動をしたのか、感情の部分がなかった感じ。

まとめ

僕の評価はこんな感じ。

読みやすさ

★★★★☆

どんでん返し度

★★★☆☆

おすすめ度

★★★☆☆

トリック自体はとてもおもしろく気持ちよく騙されつつもかなり読みやすいです。

「普段本読まないけどミステリー読みたい!」という人におすすめ。