【書評】宮部みゆき「レベル7 」

f:id:takeshsoudaiseinet:20171011111421j:plain

久々にミステリー小説を読みました。

宮部みゆきさんは有名なタイトルは知ってるものの正直そんな読んだことない。

前評判は高かったので結構期待して読んだら、予想をはるかに超える面白さ。

800ページ近いけど読み始めたらあっという間でした。

ミステリーはこうでないと。

今回はその書評です。

 「レベル7」あらすじ

f:id:takeshsoudaiseinet:20171012230246j:plain

「レベル7までいったら戻れないーーーー」

謎の言葉を残して失踪した女子高生。

記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。 づt

少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。

2つの追跡行やがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いて行く。

ツイストにつぐツイスト、緊迫の四日間。

序盤を乗り越えたら加速度的に面白くなる

全体のストーリーはめちゃくちゃ面白いけど、序盤はかなり読みにくい。

記憶を失った男女と、カウンセラーの話は物語の導入部分なのでしょうがないっちゃしょうがないけど物語の全体像がつかめないんですよね・・・。

ミステリーの悲しい性か・・・。

そのぶん序盤の300ページぐらいを抜けると一気に面白くなる。

2つの話がだんだん結びついて「あぁ、こうなるのか!」ってびっくりする。

結びついた後はもう怒涛の展開。

ラスト200ページは本当にあっという間に読み終わりました。

鍵を握るのは「元新聞記者」の男・三枝

記憶を失った男女の素性を探る手伝いをしてくれるのが元新聞記者の男。

只者ではないことはわかるものの、何者なのかはわからない。

この謎の男は何者なのか?

これがこの物語の鍵を握ります。

三枝の描写を注意深く読んでください。

ただのミステリーではない

初めて読んだ時のラストの衝撃を味わって欲しいのでネタバレはしません。

ネタバレなしで言える範囲でいうと、ただ衝撃のラストがあるミステリー小説ではありません。

あとがきまで読むとその理由がわかります。

あとがきまでしっかり読むように。