【9/22日公開】青春薙刀映画「あさひなぐ」ネタバレレビュー!

f:id:takeshsoudaiseinet:20170921233358p:plain

 

待ちに待った乃木坂46主演映画「あさひなぐ」を見てきました!

原作の予習もばっちりしての映画鑑賞。

今回は多少のネタバレもありで映画の感想を書いていきたいと思います!

「あさひなぐ」のあらすじ

元美術部の東島旭二ツ坂高校へ入学し一つ上の薙刀部エース・宮路真春に憧れ薙刀部に入部する。

エースの真春率いる二ツ坂高校は三年生最後のインターハイを順調に勝ち上がるが、熊本からの転校生・一堂寧々率いる國陵高校に惜しくも敗退。

新部長が野上えりになり尼寺での地獄のような夏合宿を経て成長した薙刀部一同。

しかし、その後の秋の大会では真春が一堂に敗北。

チームの絶対的エースの真春が負けたことで薙刀部はバラバラになってしまう・・・

旭は、薙刀部はどうなってしまうのか・・・?

乃木坂の「あさひなぐ」出演キャスト

 東島旭/西野七瀬

f:id:takeshsoudaiseinet:20170519145010j:plain

主人公のか弱い感じとなぁちゃんの守ってあげたくなる感じがベストマッチ。

ひたすらに可愛い。

八十村将子/桜井玲香

f:id:takeshsoudaiseinet:20170519152202j:plain

気の強い剣道経験者の将子にはキャプテン桜井。

もともと目がくっきりしているのでちょっとヤンキーちっくな将子にぴったり。

普段とのポンコツ具合とのギャップがすごい。

紺野さくら/松村沙友理

f:id:takeshsoudaiseinet:20170922140828j:plain

毒舌なお嬢様のさくらにはまっちゅん。

多分映画で一番配役合ってました。

普段のまっちゅんとさくらがびっくりするほど似てるんですよ。

宮路真春/白石麻衣

f:id:takeshsoudaiseinet:20170518190706j:plain

 

二ツ坂の薙刀部エースにはまいやん。

真春の凛としたかっこよさと美しさを見事に演じていました。

ポニーテール姿めちゃくちゃ可愛いし、袴姿も超似合う。

野上えり/伊藤万理華

f:id:takeshsoudaiseinet:20170922142318j:plain

薙刀部の新部長にはまりっか。

乃木坂きっての演技派なだけ合ってめちゃくちゃ演技うまかった。

原作よりも頼もしいえりでした。

一堂寧々/生田絵梨花

f:id:takeshsoudaiseinet:20170519144932j:plain

ライバル國陵のエースはいくちゃんが。

いくちゃんも目がぱっちりしているので気が強い一堂にハマってました。

熊本弁話してるのもたまらんかったです。

役的に笑顔はあまりなかったものの制服いくちゃん可愛すぎた。

旭の同級生役に斉藤優里・中田花奈も

f:id:takeshsoudaiseinet:20170922143134p:plain

メインキャストではないものの、ゆったんとかなりんも出演。

ちょっとギャル風な旭の同級生役だったんですけど、これがめちゃくちゃリアルな感じ。

学生時代ちょっとギャルだったんじゃない?って疑うレベル。

「あさひなぐ」主題歌も乃木坂

主題歌ももちろん乃木坂ちゃんが歌ってます。

19枚目シングル「いつかできるから今日できる」

MVもあさひなぐとコラボしていて、映画のシーンが映っていたり舞台版メンバーが集合していたりととにかくあさひなぐづくし!

センターは舞台・映画で旭を演じた齋藤飛鳥と西野七瀬。

MVがただひたすらに美しい。

圧倒的美の暴力です。

「あさひなぐ」ネタバレ感想

 キャストと役が合いすぎ

乃木坂好きという贔屓目を抜きにしてもキャストと配役がベストマッチしてた。

二ツ坂のメンツなんか本当に漫画通りでした。

真春の強いけどどこか抜けてるところもまいやんのめっちゃ美人なのにやんちゃなところに被るし、お嬢様だけど毒舌なのもぶりっ子なのに実は頭良かったりするまっちゅんにピッタリだったし。

演技も思ったよりみんな上手ですごいよかった。

見ていて原作との差を感じるとかは全然なかったです。

「旭」と「真春」の物語だった

これは映画で時間が短いためしょうがないことでしょうが、原作と違い旭と真春に焦点がかなり当たっていた印象。

二ツ坂のメンバーももうちょい深掘りできていたらなぁという感じ。

連続ドラマとかにできていたらもっと面白くできそう。

旭いきなり強くなりすぎじゃない?

夏合宿を終え、秋の大会で真春が一堂に負けた後、國陵との練習試合があります。

そこで旭と一堂が戦うんですけど、いきなりお互い一本とっての引き分けの結果に。

練習の描写もそんなにないのにいきなり引き分けって強くすぎじゃない?

旭は元文化部で高校から。 一堂は幼い頃からの経験者。

ちょっと主人公補正が強すぎたかな・・・。

せめてもっと旭がめちゃくちゃ練習してるとか才能が花開いたみたいな描写があれば。

真春の弟・夏之が・・・

原作の夏之は黒髪短髪の好青年風だけど、映画だとパーマがかかってるし、話し方がなんかオネェっぽいというか・・・。

もうちょい奥手な感じがするのになんかノリが軽くなってる感じするし明らかに原作とのズレがある。

他のキャストがかなりよかった分ここが目立ってました。

一堂寧々が丸い

原作の一堂は同じ部活のメンバーも仲間とおもっておらず、部長のいうことも聞かない超問題児ですが、映画ではちょっと生意気なやつ、ぐらいになってました。

物語の終盤で真春にリベンジされた時も悔しがってはいたものの、すぐ立ち直っていたし。

原作よりもかなり丸くなってました。まあいくちゃんが可愛かったので全然いいんですけど←

時間が限られている分一堂を悪い印象のままで終わらせたくなかったのかな。

まとめ

何個か小言みたいに書きましたが、映画作品としてはめちゃくちゃよかったです。

配役も演技も良かったので最後まで楽しく見れました。

テンポもよく、旭が成長していく様子には高校時代を思い出して感情移入もできたし。

乃木坂好きであさひなぐ知らない人も、あさひなぐ好きで乃木坂知らない人も楽しめると思います。

それでは!