大学生活、サークルも悪くない。けどそれだけじゃもったいない。

f:id:takeshsoudaiseinet:20170822223701p:plain

ついこの間、所属していたバドミントンサークルの合宿が終わり、運営代が交代となりました。

春休みはブログに武者修行にヒッチハイクにで全然行かなくて、今年の四月ごろは本気で辞めるつもりでしたが、なんだかんだで続けることにしました。

大学生はサークルばっか・・・ってなりがちですが、サークルも全然悪くないし、むしろ楽しいもんだと思う。

いわゆる飲みサー

早稲田だけあって、いわゆる飲みサーです。

でもちゃんとバドミントンも練習したりするので、真面目な飲みサーです。多分笑

みんなで騒ぐのも楽しいし、今しかできない

合宿ではバカみたいに飲んで、騒いで、次の日は超早起きでバドミントン。

超ハードだったけど、みんなで何かに取り組む、というのはすごい楽しい。

高校の部活を思い出しました。

こんな風に無茶苦茶な体験は大学生しかできないんじゃないかなーって思います。

行けば温かく迎えてくれる

全然行ってなかったのに、たまに行くと温かく声をかけてくれる人がたくさん。

部活でもないし、強制ではないけど運営代なのに全然行かなくて正直同期からは「こいつなんなん?」って思われてたでしょう。

それでも「久しぶり!」って声をかけてくれてすごい嬉しかった。

そんな温かい場所があるっていいことだなぁと。

同期のみんなには本当に感謝しかありません。

「サークル×何か」が最強

確かにサークルはすごい楽しいし、友達もたくさんできる。

でもせっかくの大学生活、サークルだけじゃもったいないと思います。

学生という身分に守られて、本当にいろんな可能性がある学生期間。

何か自分のやりたいことをやりつつ、サークル行く時は全力で楽しむ。

どっちかがうまく行かなかったら片方に逃げる、みたいなイメージ。

僕は結局どっちも中途半端になってしまいました。

もっとサークル行って、もっと早くからブログやってればよかった。

悩む大学生よ、やりたいことやんな

何か新しいこと始めようとすると、絶対周りから何か言われたり笑われたりします。

でも大抵そういう人たちは何も考えずにただいいてるだけなので、完全無視。

そんな奴らの言葉で挑戦を止めるのはもったいなさすぎる。

みてくれる人は絶対にいるので、まず一歩を始めましょう。

合わせて読みたい

春休みだしヒッチハイク童貞捨ててきた