”逃げるは恥だが役に立つ”そうなので就活から逃げるのもアリじゃない?

f:id:takeshsoudaiseinet:20170608131303j:plain

ついに六月になり2019卒のインターン選考の情報が解禁されましたね。

業界地図を見たりマイナビやリクナビで情報収集をちょいちょいしてるけど、いまいちピンとこない。

「なんとなく就活はじめてるけど、就活なんかやだな・・・」

「このまま就活でいいのかな・・・」と漠然に考えている三年いが多いと思います。

僕もそう。

就活嫌ならしなくてもいいんじゃない?

 就活が嫌な理由その1〜可能性の限定〜

そもそもなんで就活が嫌なのか。

「今後の人生をおおきく変える決断だから」というのがもっとも大きいと思います。

大学に入ることが目的だったので、受かってから何がやりたいとか、その後のことを感がてなかった。

だから、大学生活もなんとなくサークル行ったりバイトしたり。

そんな中で人生の大きな決断をしろ、と言われても難しい。

働き方が終身雇用から少しづつ変わってきてはいるけど、ある業界から全く別の業界に行くほどの大きな変化はできないと思います。

ということは、大学三年の決断である程度人生が決まる。

そんな重大なこと考えるの難しいよ・・・

もうずっとYoutube見てたい←

そもそも就活が嫌な理由その2〜圧倒的情報不足〜

就活始めたてで、情報が全然ない。

業界、業種のことも全然知らないし、どんな会社があってどんなことをしてどうやって社会の役に立っているのか知らない。

いわゆる業界研究というやつ。

会社という外部要因だけじゃなくて、自分についてそう。

自己分析って言われるやつです。

この二つが全然できていないから、就活に対するイメージが漠然としたまま。

ここで一つ目の理由につながる。

自分のこと、会社のことがわかっていないから、自分に何ができて、何をやりたいのかを把握していない。

普通に就活=悪いではない

もちろん普通に就職することが悪いわけでもない。

大学生活を十分楽しんで、就活して、企業で勤めるという選択肢もありだと思います。

やりたいことが見つかっていいな、と思うし。

ただ周りに流されてなんとなく就活しようかな、みたいなのが一番危ない。

情報収集、勉強しながらの休学が最強?

就活を機に自分のやりたいこと、人生について考え始めて、「まだ就職しないで勉強したい」「もっといろんなことを知りたい」という思いがあるなら就活やめてもいいんじゃない?

自分のやりたいことをやりながら、就活の情報収集もして、自分の人生について考える時間をじっくりとってもいいと思う。

休学を使えば、大学施設を使いながら自分のやりたいこともできるし。

その分卒業が伸びたり、就活時に休学した理由や、休学時に何をしていたのかしっかり説明できないと大変になるけど。

一年や半年休学して自分が本当にやりたいことを見つけてから就職なりした方が

最終的に満足した人生になるのでは?

まずは就活してみる

就活も何もしないで、ただ休学するだけだとプー太郎になるので、ひとまずは就活をしてみようと思います。

その中でいきたい企業ややりたい職業が見つかればそれを目指せばいいし、他にやりたいことがみつかればそっちに注力する。

就活や休学に関する話は今後も更新していきたいと思います!

ひとまずはサマーインターンのESを片付けなければ。

今一番やりたい仕事は乃木坂のマネージャーです。