Prime Videoで朝の通勤時間を楽しくしよう

【アロー22レビュー】「人とかぶるなぁ」と思っているあなたへ。

アロー22 かぶる

こんな人に書いてます
・アロー22が欲しい!
・アロー22のレビューを見たい!
・けど、他の人とかぶるのが心配・・・

こんにちは、かっこいいリュックやスニーカーが好きなたけしです。

バイト代をコツコツ貯めてアークテリクスのアロー22を買いました。

もうデザインがかっこすぎて一目惚れです。

でも、街中で使っている人も多いし実際に使っている友人もいたので買うかかなり悩みました。

そこで今回は僕と同じく、
“アロー22が気になるけど人とかぶるのが気になる”あなたに向けて、かぶることへの僕なりの考えとアロー22のレビューをお届けします。

2019/11/18追記
僕が現在使っているリュックはこちら。
【スケッチ25レビュー】電車通勤で前に抱えやすいサイズ感。すぐ取り出せるポケットが超便利

アロー22が人とかぶることについて

どれぐらいかぶるのか

僕が大学にいくとアロー22を使っている人を少なくとも1人は絶対に見ます。

また、大学だけでなく電車に乗っているサラリーマンでも使っていることが多いので1日で5人以上見る、なんて日もザラにあります。

『かぶる=定番』

たしかに、使っているものが人となんとなく嫌な感じはします。

せっかく買ったお気に入りなのに人と同じだった・・・って知るとテンション下がりますよね。

でも、人とかぶることはそれほどその商品が魅力的で多くの人がいいと思ってるってこと。

例えば、VANSのオールドスクールadidasのスタンスミスNIKEのエアマックスなど大人気のスニーカーがありますよね。

あれらは人気が高すぎるため、もはや“持っていることが普通”のファッションアイテムの定番になっているわけです。

VANSのオールドスクールは僕も持っていますが、定番なだけあって履きやすいしデザインもいろんな服に合うし大好きな一足。

定番とはつまり確かな人気と商品の質の高さの保証です。

アロー22もその点で定番アイテムと言っていいでしょう。

かぶっても、あなたが好きならいいじゃない

僕も2年以上使っていますが、全く飽きないし使う度に『やっぱ好きだなぁ』って感じる。

確かに人とはかぶる。けどそれは人気と質の高さの保証でもあるし、なによりあなたの「好きだ」「かっこいい」「欲しい」っていう気持ちを大切にして欲しい。

たけし

これは本当に名作。いくつになっても使いたいリュックです。

アロー22の基本情報

アロー22はアークテリクスという始祖鳥の化石をモチーフにしたロゴのブランドのリュックです。

アークテリクスはカナダ発祥のアウトドアブランドなので、製品はどれも登山でも使える丈夫で機能性が高いものとなっているのが特徴。

たけし

アロー22はその中でもより街中でも使えるようなモデルになっています

名前の22は”容量が22L”という意味で、名前の通りかなりの量が入る。

運動系のサークルに入っている大学生も、社会人の方でも普段から使えるリュックです。

アロー22の外観

ボディに目立つロゴマーク

アロー22 かぶる
ボディには大きくブランドロゴの始祖鳥が印字されています。

たけし

この黒いマット感あふれるボディに黄色い始祖鳥が超かっこいい

特徴的なフォルム

アロー22 かぶる

そしてこの特徴的なフォルム。この独特なデザインに一目惚れしました。

リュック自体が特徴的だから、シンプルな服にすごい映えます。

僕はユニクロ大好きマンなので相性バッチリ。 

たけし

白Tにスキニーだけでもアロー22を背負うとすごいおしゃれっぽくなる

自立はしないので気をつけて

特徴的なフォルムな分、アロー22だけでは自立しないというデメリットも。

というのも、長時間持ち続けても疲れにくいように重心が上に来るようにリュックの下が狭まっている構造になっているんですね。

そのため持ちやすいし疲れにくいけど自立はしません。

置くときは何かに立てかけるか、フックか何かに引っ掛ける必要があるのでご注意を。

アロー22の収納・機能

ここからは実際にリュックとしての収納や機能を紹介します。

アロー22はデザイン性だけの見掛け倒しのリュックではありません。

メイン収納

アロー22 かぶる

ガバッと下までおおきく開くので、見た目以上に多くのものが入ります。

僕はMacbook proを毎日持ち歩いているんですが、それをいれてもスペースに全然余裕がある。

背中との接地面の裏にはプラスチックのプレートが入っているので、荷物をたくさん入れてもリュックの形が崩れないのが大きなポイント。

このプレートが衝撃から守ってくれるのでパソコンやタブレットを入れても安心。

僕は念のためにケースに入れて持ち歩いています。

 サブ収納

アロー22 かぶる
アロー22 かぶる
ファスナーを下におろすと横にかぱっと開きます。

ファスナーが大きいのでアクセスが便利。

中には鍵をかけられるキーフックがついているのでキーケースごとをここにかけておけば無くす心配が0。

特に自転車通学の人は鍵無くしやすいと思うのでここにかけておけば一安心ですね。

サイドポケット

アロー22 かぶる

アロー22 かぶる

両サイドにはもちろん小物入れがあります。

携帯入れたり、ペットボトルを入れたりするのにちょうどいいサイズ感。

ペットボトルや水筒、夏場の制汗剤など円筒状のものをリュックの中に入れると他のものが入りにくくなっちゃいますよね。

それを外に入れられるのは地味ですがかなり重宝します。

持ち手部分

アロー22 かぶる
上記のように背負う部分にプレートが厚くがっしりしているので、安定感がすごい。

また、肩の持ち手の部分がめちゃくちゃしっかりしているので、中にがっつり荷物入れても肩への負担をそんなに感じません。

サークルに行ったり運動着を持つときはかなり荷物が重くなるのでこれは大きなポイント。

今まで使ってきたどのリュックよりも持ちやすいと断言できます。

写真の左にあるわっかは山岳用語でハイドレーションシステムという登山時に飲料を飲むためのチューブを通すもの。

アロー22が登山でも活躍するリュックなのがわかります。

腰の固定具と背面

アロー22 かぶる

アロー22 かぶる
腰の固定具もついてます。アロー22を体に密着させて振動を抑えられます

急いでる時にこれをするだけで走りやすさが全然ちがう。

アロー22の着用例

実際にアロー22を着用しているコーディネートを紹介します。

オールシーズンどんなスタイルにもあうのでぜひ参考にしてください。

アロー22×白Tシャツ

アロー22 かぶる
WEARより

アロー22×トレンチコート

アロー22 かぶるWEARより

アロー22×ダッフルコート

アロー22 かぶるWEARより

アロー22×サンダル

アロー22 かぶるWEARより

アロー22×女の子

アロー22 かぶる
WEARより

基本的にまじでどんなスタイルにもある最強のリュックだと思っているんですが、個人的にはモノクロや無地のシャツなどシンプルな服装にこそ1番アロー22が映えると思ってます。

普段からおしゃれはそんなに興味ないけどかっこいいもの使いたい、という人にこそおすすめです。

アロー22のカラー展開

定番中の定番、黒に黄色の始祖鳥ロゴモデル以外にもカラーリングがいくつかあります。

紺色、紫、黄色、BEAMSコラボの迷彩カラーなどなど。

かぶるのがどうしても気になるあなたは、定番の黒×黄色以外のカラーにするのがおすすめです。

たけし

僕だったら落ち着いた色合いの紺色が気になります

紺色

黄色

BEAMSコラボ・迷彩

アロー22を買うならAmazon

大人気のアロー22ですが、買うならAmazonをおすすめします。

ビームスをはじめとしたセレクトショップアークテリクスのショップで取り扱いをしていますが、在庫はその日の状況によって変動しますし、リュックを買いに行ってもそのとき使っていたリュックをどうするか問題も発生します。(サコッシュなどで行けば解決しますが)

Amazonではカラーにもよりますがキャッシュレス払いで購入すると5%のポイント還元サービスもあります。

他の買い物にも使えますし、買ったリュックを持ち帰る必要もないのでAmazonで購入するのが楽チンです!

Amazon Prime
半年間無料で試せるAmazon Primeならお急ぎ便が無料!

AmazonPrimeを無料体験してみる

アロー22のまとめ

今回は“アロー22はかっこいいんだけど人とかぶるのが気になる”あなたに向けて書きました。

まとめ
・確かに人とかぶる。でもあなたが好きならいいじゃない。
唯一無二の特徴的なデザイン。かっこいい。
見掛け倒しじゃない機能性。がしがし使おう。
・どんなコーディネートにもあう。毎日使い倒そう。

好きなものは人とかぶっても好きだし、みんなが好きってことはそれだけ魅力的な商品である証拠

たけし

2年間ほど使っていますが最高のリュックだと自信を持っておすすめできます

それでは!